Clicky

神を褒め称える

神を褒め称える

 - あたいする御方
クスコ゚ーフテヨ: 祈り >> 神を褒め称える

神を褒め称える−賛美の重要性
神を褒め称える事は、私たちが神の素晴らしさを認識し指示する始まりです。賛美はあなたが“ありがとう”とお礼を言うのとは違います。感謝の表現は、神はどなたであるか賛美をささげている間、神が何をしてくださったかと思うあなたの心の動機です。詩篇18:3、“ほめたたえられる方、この主を呼び求めると、私は、敵から救われる…”

すべての信者は神を褒め称えるようにと命じられています! 事実、イザヤ43:21では私たちが創造された理由は、神を褒め称えるためであると説明しています。“わたしはこの民をわたしのために造った。彼らはわたしの栄誉を語らねばならない。”ヘブル13:15でも同様にこう言っています、“ですから、私たちはキリストを通して、賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえるくちびるの果実を、神に絶えずささげようではありませんか。”

賛美は、神を愛する思いで満ち溢れた心から湧き出るものです。申命記6:5によると、“心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。”と書かれています。あなたは現在クリスチャンですか? もしそうであるなら、あなたが神を愛するのは、神があなたを最初に愛してくださったことを知っているからです! 神の愛がないなら、あなたがどんな賛美をささげてもそれは虚しいものです。愛はイエス・キリストを通した神との交わりから生まれるもので、それはあなたの賛美の大切な部分となります。

神を褒め称える‐どのように神を賛美するのか
あなたはどのように神に賛美をささげるのですか?どのようにしたら賛美が生活に欠かせないものとなるのですか?賛美は歌、聖句、祈り、で継続して表現する事が出来ます! 詩篇34:1,“わたしはあらゆる時に主をほめたたえる。わたしの口には、いつも、主への賛美がある。”詩篇71:6,“わたしは生まれたときから、あなたにいだかれています。あなたは私を母の胎から取り上げた方。私はいつもあなたを賛美しています。”

神への賛美は、私たちの内在する思いと同様に日々の行動で現わすものでもあり、賛美はクリスチャンの礼拝行為の一つです。

あなたは“どこから始めたらよいのか?”と思うでしょう。“どのように神への賛美を始めたら良いのですか?”賛美があなたにとって初めてなら、神はあなた個人にとってどのような御方であるかを賛美しましょう。溢れるばかりの計り知れない神の慈愛を告白する!次に挙げられる聖句は賛美を始める参考となります:

  • 聖である神の哀れみと公儀を賛美する(第ニ歴代誌20:21、詩篇99:3−4)。
  • 神の恵みを賛美する(エペソ1:6)。
  • 神の慈愛を賛美する(詩篇135:3)。
  • 神の慈しみを賛美する(詩篇117)。
  • 神の救いを賛美する(エペソ2:8−9)。
神への賛美はいつでもどこでも! そのうちに、呼吸をするのと同じように当たり前になります。あるときは詩篇9:2のように心の中で,“私は、あなたを喜び、誇ります。いと高き方よ。あなたの御名をほめ歌います。”また別の時には、詩篇22:22のように、“私は、御名を私の兄弟たちに語り告げ、会衆の中で、あなたを賛美しましょう。”私たちも公で神を崇め、褒め称える機会はあります。神を賛美する機会を探求してください! 

神を褒め称える−誰が神を賛美するのか?
神の子供達が喜びの自由意志で感謝の気持ちを表し賛美をささげていますが、いつの日かすべての者が神を褒め称えるようになるでしょう! 聖書では、イエスが再臨されたとき、全ての人類は主を賛美する、そしてかれは主であると認識すると言っています。イエスは地上にある全てを支配する王です。イエス・キリストが主であり救い主であると知るなら、私たちの思いが、かれの名を賛美したいと切望するのです。ピリピ2:9-11が、かれの名が誰であるか示し、かれが誰であるかを説明し、“それゆえ神は、この方を高く上げて、全ての名にまさる名をお与えになりました。それは、イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるものすべてが、ひざをかがめ、すべての口が、「イエス・キリストは主である」と告白して、父なる神がほめたたえられるためです。”

聖書でも次のように言っています:

  • すべての創造物も神を褒め称える(詩篇148:7−10)。
  • 太陽も、月も、そして星たちも神を褒め称える(詩篇19:1と148:3)。
  • 御使いたち(エンゼル)も神を褒め称える(詩篇148:2)
  • 怒りの人々も彼ら自身で神を褒め称える(詩篇76:10)。
  • 子供達も神を褒め称えるように教えられる(詩篇78:4)。

神を褒め称える−あなたはかれに賛美を告白しますか?
神にささげるあなたの賛美が、あなたが救われている証拠となります。第一ペテロ2:9ではこう言っています、“しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。それは、あなたがたを、やみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった方のすばらしいみわざを、あなたがたが述べ伝えるためなのです。”

あなたは今日どのように神を賛美しますか?彼はあなたの主であり救い主である事を知っていますか?もし知らなかったなら、今から始め救いについてもっと学びましょう。他の人があなたを見たとき神の栄光が反映しているでしょうか?詩篇113:3が宣言しています、“日の上る所から沈む所まで、主の御名がほめたたえられるように。”

もっと学びましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


礼拝

主の祈り
クリスマスディナーの祈り
執り成しの祈り
祈りと断食
女性の祈り
日々の祈り
ヤベツの祈り
静かで穏やかな祈り
感謝祭の祈り

親交
弟子訓練
奉仕の働き
福音伝道
 
 
自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか??
神とは誰ですか?
イエスは神ですか?
如何してキリスト教ですか?
神と共に成長
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
捜す
 
Add 神を褒め称える to My Google!
Add 神を褒め称える to My Yahoo!
XML Feed: 神を褒め称える
祈り 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutPrayer.org, 著作権所有.